【まとめ】オフィスづくりにおいて大切な内装・レイアウトについて

レイアウト

オフィスの内装を変えるメリット

仕事をするならば、古く汚いオフィスよりは新しく綺麗なところで働きたいですよね。働いていて気持ちが良いですし、モチベーションも上がります。
古くなるとどうしても悪いイメージが湧いてしまい士気が下がってしまったり、モチベーション低下の原因にもなってしまったりします。内装を大事にしていることはとても良いことであり、こだわりがあるというプラスのイメージを持ってもらうこともできます。

おしゃれな内装であれば、それだけで社外にも良い印象を持ってもらう機会になります。外部の業者から取引で来訪をした人に良い印象を持ってもらうことができますし、採用試験や会社見学に訪れた就活生にここで働きたいと思ってもらう機会にもなります。
そういった面からも、オフィスの内装を変えることというのは、社員だけでなく社外の様々な人へのアピールにも有効ですし、広報活動の一環としても有効活用することができるのです。

オフィスレイアウトの難しさ

オフィスレイアウトは住宅レイアウトと違って見た目だけを優先すれば良いのではなく、使用感も大事になります。使い勝手が悪くなると仕事の効率が下がってしまうので、仕事のスピードや精度など落ちたりすることもありますし、社員にとっても使い勝手の悪さがストレスとなることもあるのです。

見た目をよくするのも重要ですが、機能性を考えるのも重要となってきます。
また、仕事の内容によって机の配置も変える必要があります。設置する家具や機材のサイズも大きいため、使用していて不便だからと置き場所を変えることも、なかなか難しいですし、手間もかかります。
そのため、やり直しなどないよう、最初にきちんとレイアウトを決めることが重要となります。

今、使っているオフィス家具を活かす

そしてオフィスを新しくすると、すべてを新しくしたくなります。しかし、設備投資にはかけられる金額の限界があります。すべてを変えることは予算オーバーとなってしまうこともあるでしょう。そこで費用を抑えるために全てを新しくするのではなく既存で使えるものは使っていくことも重要ですし、中古品で費用を抑えるといった方法もあります。

お金をかければ良いということではなく、限られた費用で最大限理想的な環境を作ることが重要なのです。