オフィスからの避難について | オフィスバスターズデザイン

オフィスからの避難について

以下のオフィスには、廊下の幅や直通階段までの歩行距離、2つ以上の直通階段までの重複距離、避難階における歩行距離の規定が適用されます。


・3階建以上のもの
・採光上の無窓居室を有する階
・延べ面積が1,000m^2をこえるもの

1)廊下の幅

・両側に居室の出入口がある廊下:1.6m以上
・その他の廊下(居室に通ずる廊下に限る):1.2m以上

ただし、居室の床面積が200m^2(地階は100m^2)以下の階にあるもの及び、3室以下の専用のもの(行止まり廊下のみ)は当規定に該当せず、幅の規制は無い。
(避難規定図参照)

※オフィス内の通路については上記の1.6m以上、及び1.2m以上の規定は当てはまりません。ただし動線の頻度を考慮し必要十分なWサイズを確保する必要があります。

2)直通階段までの歩行距離

居室のあらゆる位置から直通階段までの歩行距離(主要構造部が耐火構造か準耐火構造又は不燃材料で造られている場合)

・14階以下の階:50m以内
(内装仕上を準不燃材料以上とした場合は、60m以内)

・15階以上の階:40m以内
(内装仕上を準不燃材料以上とした場合は、50m以内)

ただし、採光上の無窓居室からはそれぞれが20mづつ短くなる。

3)2つ以上の直通階段までの重複距離

法により直通階段が2つ以上ある場合は、もっとも近い階段に至る歩行距離が上記歩行距離の数値以内であればよいが、二つの階段に至る経路で重複する区間の距離(重複距離)は、上記歩行距離の数値の1/2以下でなければならない。
(避難規定図参照)

4)避難階(通常は1階)における歩行距離

直通階段からもっとも近い屋外への出口に至る歩行距離:2)と同距離以内
居室の各部分からもっとも近い屋外への出口に至る歩行距離:2)の距離の2倍以内

避難規定図

※重複区間
出入口(E)がない場合:重複区間はA-B-C間
出入口(E)がある場合:重複区間は無し

※網掛け部分の廊下は、幅の規定に該当しない(3室以下の専用)