オフィス不動産用語「スケルトン」「居抜き」ってなに?

オフィス不動産用語「スケルトン」「居抜き」ってなに?オフィス移転

「スケルトンオフィス」「居抜きオフィス」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?
どちらも物件の状態を指す不動産用語です。オフィス選びでは、どのような状態の物件を選ぶかで移転の初期コストに大きく差が出ます。そこで、ここではスケルトンオフィス、居抜きオフィスとはどのようなものなのか説明いたします。

スケルトンオフィスとは

スケルトンとは床、壁、柱、梁など、オフィスビルの骨となる構造躯体のことです。スケルトンオフィスとは、間仕切りや天井の化粧板、什器が撤去され、床、壁、柱、梁などのコンクリートがむき出しになっている状態のオフィスのことを指します。

スケルトンオフィスのメリット・デメリット

スケルトンオフィスは何もない状態なので、オフィスデザインやレイアウトを自由に検討することができるというメリットがあります。
一方で、「検討する手間やゼロからつくりあげるコストがかかる」ととらえると、それらはデメリットでもあります。さらに、気を付けなくてはならないのは、退去時の原状回復です。スケルトン状態で入居した場合、多くのケースで退去時にもスケルトン状態に戻さなくてはいけません。そのための工事にもより多くの費用が必要です。

スケルトンオフィスがおすすめのケース

・ユニークなオフィスデザインにしたい
・表現したいオフィスのコンセプトが明確にある
・デザイン力の高いオフィスデザイン会社に内装を依頼する予定

スケルトン物件からのオフィスづくりはチームで取り組む

スケルトンオフィスは内装が仕上がっている状態のオフィスよりも、間仕切り、天井、空調、配線関連など、検討すべきことが多く、手間がかかります。なので、オフィス移転を、他に通常業務を抱えた担当者1人に任せるのは、負担が大きすぎます。
そこで、そのような物件への移転では「オフィス移転プロジェクトチーム」を結成して準備をするのが成功への一歩です。規模にもよりますが、自社メンバー1~2人と、オフィスデザイン会社のコンサルタント(プロジェクトマネージャーとも言う)1~2人が主体となって、移転プロジェクトを進めるケースが多いようです。移転までにかかる期間も、おおよそ、物件探しから始めて約1年程度と見積もっておけば無理がありません。

チームで時間をかけて築き上げるオフィスは、デザインもレイアウトも自社にピッタリで、居心地の良いものに仕上げることができます。

オフィス物件選びのわかりやすい解説はこちら!便利なチェックシート付き!↓↓↓

居抜きオフィスとは?

居抜きオフィスとは、内装や設備など、前のテナントが使用したままの状態のオフィス物件のことです。新テナントは工事や什器購入に費用をかけず入居できます。

居抜きオフィスのメリット・デメリット

居抜きオフィスは、前テナントが使用していた設備がそのままになっているので、基本的に工事をする必要がなく、低コストで、しかも素早く業務を始めることができるというメリットがあります。しかも、居抜きオフィスの中にはデザイナーズオフィスといわれるデザイン性の高いものもあり、とても人気が高いです。

そのため、立地などの条件も良い物件を探すのには、時間がかるというデメリットがあります。居抜きオフィスだけにこだわってしまうと、スケジュール遅延の原因になるので、「できれば居抜きオフィス」というスタンスで物件探しに臨みましょう。

メリットの多い居抜きオフィスですが、既存の設備が必ずしも自社オフィスと相性が良いとは限りません。契約前に設備の要否を全て判断するのは難しいので、改装工事などを行ってもよいか、ビル管理会社に確認するようにしましょう。

居抜きオフィスがおすすめのケース

・移転コストを抑えたい
・オフィスデザインにこだわりがない
・とにかく早く業務開始したい
・労力を最小限にしておしゃれなオフィスに入居したい

居抜きオフィス物件を見つけるコツ

居抜きオフィスとの出会いは『ご縁』の部分もありますが、見つけるためのちょっとしたコツをご紹介します。

●不動産会社のメルマガに登録する

不動産会社が空室情報をメルマガ配信していることがあります。希望の地域を登録しておくと、その地域の情報が受信できるようになります。築年数や坪など、希望に沿ったものの掲載があれば不動産会社に問い合わせると、物件選定をスムーズに運ぶことができます。

●オフィス移転業者と一緒に物件探し

オフィス移転の物件探しから工事、什器の手配、引越までワンストップで対応しているオフィス移転業者を探し依頼します。すると、業種やオフィスのコンセプトにあった物件探しをオフィスづくりのプロ目線で手伝ってくれます。

オフィス探しもお手伝いします!お気軽にお問い合わせください!↓↓↓

おわりに オフィス物件の空室率について

不動産用語について説明してまいりましたが、物件探しには、オフィスの空室率が大きく関わってきます。空室率は経済の動向や社会情勢で大きく左右されますが、直近では、2023年に東京で、新築オフィスビルが大量に竣工される予定です。なので、オフィス探しは今がチャンスかもしれません。

オフィスバスターズデザインでは、オフィス物件探しから、オフィスデザイン、内装工事、配線工事、引越し作業など、オフィスづくりやオフィス移転をワンストップでお任せいただけます。経験豊富なスタッフが責任をもってサポートいたしますので、ご検討の際はお気軽にご相談くださいませ。

オフィスのお困りごと気軽に相談 お問い合わせフォームはこちら
タイトルとURLをコピーしました