【まとめ】オフィスの色使いどうしてる?色の効果まとめ

内装工事・レイアウト

ひとことに、オフィスと言っても空間の用途はさまざま。

・エントランス
・デスク周り(執務室)
・会議室
・リフレッシュルーム
・応接室
・社長室

空間にあわせた色をコーディネートして、業務効率がアップできれば良いと思いませんか?
ここでは、オフィスでよく見られる色と、それぞれの色の効果をご説明します。

ブルー系

集中力がアップしたり、落ち着きを取り戻せる色。
落ち着いたトーンでコミュニケーションをとりたい会議室や、外回りの多い営業のデスク周りに配置すると効果を発揮します。

レッド系

情熱の赤というのが通説ですが、実際目にすると体温が上がる色。アイデアが出やすくなります。
空調の風にさらされ続ける内勤のスタッフのデスク周りに配置すると、体温も保ちやすくなります。
個室での作業もクリエイティブに進むはず。

イエロー系

ユーモラスなアイデアが降りてくるかもしれない色。
打ち合わせスペースにはぴったりではないでしょうか。
正気を保てなくなる色、という噂もあるので長居は無用かもしれませんが・・・

グリーン系

オフィスのオアシス的な、絶大な癒し効果を発揮する色。
観葉植物は言わずもがな。リフレッシュルームやエントランス、執務室などいたるところに置いてみましょう。

ホワイト系

オフィスで定番の色といえばこれでしょうか。
壁、間仕切り、天井などはもちろん、化粧品会社のエントランスは白一色で清潔感や健やかさが感じられる空間になっていることが多いです。広く見せる効果もあります。

グレー・ブラウン系

調和的で、落ち着く色です。
グレーのフロアマットがオフィスでよく見られるのは、何色にも合わせやすいからでしょう。
黒や茶色の家具が社長室や応接室でよく見られるのは、重厚感・高級感を魅せるのと同時に、落ち着いた空間で商談を進めるためでしょうか。

まとめ

コーポレートカラーをエントランスやオフィスに散りばめるのも、スタッフを鼓舞するのには効果テキメン。
好きな色を集めて仕事するのが一番!とおっしゃる方ももちろんいらっしゃるでしょう。
家具や壁紙だけでなく、文房具など小物に差し色として取り入れるのも色の効果を享受するには十分です。
気分転換ついでに、オフィスの色使いに思いをはせてみてはいかがでしょうか。