アルミパーテーションとスチールパーテーションの違いをご存知ですか?

内装工事・レイアウト

オフィスづくりに欠かせないパーテーションには、アルミパーテーションとスチールパーテーションの2種類があることをご存知ですか?それぞれに特長あるので、違いを活かしてオフィスづくりをするのがおすすめです。ここではアルミパーテーションとスチールパーテーションの違いを紹介いたします。

アルミパーテーションの特徴

アルミパーテーション
オフィスデザイン事例 株式会社ライフィ様

アルミパーテーションは、軽量で施工しやすく、低コストというメリットがあります。さらに、カラーバリエーションも豊富で、お好みにあわせたチョイスができます。

一方、スチールパーテーションに比べると遮音性や断熱性が劣るので、機密性を必要としない社内のミーティングコーナーや休憩スペースのような場所で、主に空間を仕切ることや、視線を遮るという目的での利用に向いています。また、見た目に関しても柱がむき出しになっているので、この点も好みが分かれるところです。

スチールパーテーションの特徴

スチールパーテーション
オフィスデザイン事例 リヴリアルエステート株式会社様

スチールパーテーションは、芯材に石膏ボードなどを使用しており、不燃材としての認定も受けているので、安全性が高い素材です。さらに、パネルとパネルの間にロックウール(石素材)やグラスウール(ガラス素材)を充填することで、遮音性を高めることもできます。

見た目では、アルミパーテーションと異なり、つなぎ目が目立たないフラットな仕上がりになります。さらに、表面に木目、石目、カラーなどの柄のシートを貼ることができるので、多様なオフィスデザインを表現できます。

アルミパーテーションに比べて重量があり、運搬や設置にコストがかさむ点はネックですが、機密性の高い情報を扱う役員室や、外部のお客様を招く会議室などには高級感も演出できるのでおすすめです。

オフィスの壁は他にもいろいろあります!
詳しくはオフィスバスターズデザインへGO!
https://design.officebusters.com/service/carpentry/

おわりに

普段はあまり気にかけることはありませんが、似たように見えるパーテーションでも中身や素材の違いで、機能やコストに差が出ます。それぞれのニーズに合う素材をご検討ください。
オフィスバスターズではアルミパーテーション、スチールパーテーションのどちらの施工も承ります。ぜひご相談ください。
 

カッコいいデザインのオフィス事例を多数掲載!こちらもご覧ください↓↓↓

タイトルとURLをコピーしました