サービス内容

パーテーションについて

パーテーション(間仕切り工事)は新しいオフィスをつくる際、部屋を区切るうえで必須の工事となります

パーテーションについて

パーテーション工事は部材を組み立てて壁を立て、間仕切られた部屋をつくる工事です。

パーテーション(間仕切り工事)は新しいオフィスをつくる際、部屋を区切るうえで必須の工事となります

間仕切工事は、新しいオフィスをつくる際、部屋を区切るうえで必須の工事となります。間仕切りはスチールパーテーション、アルミパーテーション、LGSの3種類が一般的です。ここではパーテーションについてご紹介いたします。

パーテーション工事のポイント

パーテーション工事は部材を組み立てて壁を立て、部屋をつくる工事です。単に部屋を区切るためだけに無造差に立ててしまうと、かえって使いにくいオフィスになってしまいます。確認が必要なポイントは以下4点です。

・予算
・デザイン
・照明、天井設備の位置
・遮音性

パーテーション工事の注意点

壁を立てるため、天井の条件に大きく左右されます。遮音性を重視して天井付近の部分(ランマといいます)も閉じた場合、蛍光灯やダウンライトなどの光が遮断されてしまうため、照度を確保するために照明の増設や移設が必要になる場合があります。
また、天井に設置された空調機器や、煙探知機・人感センサー・スプリンクラーといった防災機器についても、建築基準法や消防法に則り増設や移設が義務となる場合がありますので、注意が必要です。
(※天井設備については弊社スタッフが現場調査の際に細かく位置を捕捉させていただき、レイアウト図面に反映したうえでご相談させていただきます)

スチールパーテーションのメリット

遮音性:気密性が高いため、ランマを閉じると遮音性が高くなる。
デザイン:統一感、高級感がある。パネル面への塗装やデザインシートを貼ることで多種多様なデザインの仕上げが可能。
その他:部材の解体、加工が簡単で再設置が可能。レイアウト変更や移転の際にも、既存の部材を利用して再設置することができます。

アルミパーテーションのメリット

費用:スチールパーテーションより安い
デザイン:各メーカーで10色程度のカラーバリエーションがあり、パネルごとの組み合わせが自由にできます

まとめ

パーテーションはスチールパーテーションとアルミパーテーションがありそれぞれにメリットとデメリットがありますので、利用目的や使用用途に応じて選ぶことがポイントです。オフィスバスターズ デザインではスチールパーテーションのリユース販売も行っていますのでリーズナブルにご提供が可能ですのでお気軽にお問い合わせください。

目的 起業
エリア 東京
納入時期 3月
面積 31~50坪(~約165㎡)
利用者数 21名~30名
必要部屋数 2~3室
重視ポイント デザイン
今回のご依頼のきっかけは?

オフィスはどの地域にございますか?
エリア
ご希望の納入時期はいつ頃ですか?(目安で結構です)
時期
オフィスデザインをご検討中のオフィスの面積は?
オフィス面積
シミュレーションスタート
オフィスの最大利用者数はおよそ何名ですか?
利用者数
必要なお部屋の数は?
お見積り希望サービスは?

もっとも重視するポイントは?

戻る 次が最後の質問です
お客様の情報をお伝えください
会社名
ご担当者名
メールアドレス
電話番号
戻る
TEL:0120-055-554 お気軽にお問い合わせください。