オフィスの防火区画 | オフィスバスターズデザイン

オフィスの防火区画

オフィスには、内部の火災の拡大を防ぐため耐火構造の床・壁及び防火戸で防火区画しなければなりません。
また改装工事等においてはその部分を不用意に改造・一部撤去等行わないよう注意しなければなりません。

1)面積区画

オフィスは床面積1,500m^2(スプリンクラーを設置した場合は3,000m^2)以内ごとに防火区画されている必要があります。

2)高層区画

11階以上の階は100m^2以内ごとに防火区画しなければならないが、壁(床から1.2m以下を除く)・天井の仕上げ・下地を準不燃材料にすれば200m^2以内ごと、不燃材料にすれば500m^2以内ごととすることができます。
またスプリンクラーを設置した場合は、防火区画は、それぞれ倍の200m^2・400m^2・1,000m^2以内にすることができます。

壁・天井の防火性能
(仕上・下地共)
防火区画面積 防火区画面積
(スプリンクラー設置)
通常材料 100m^2以内 200m^2以内
準不燃材料 200m^2以内 400m^2以内
不燃材料 500m^2以内 1,000m^2以内

3)竪穴区画

主要構造部が耐火構造又は準耐火構造で、地階又は3階以上の階に居室を有するオフィスの吹抜け・階段・エレベーターシャフト・ダクトスペース等は、その他の部分と防火区画しなければならない。