オフィスと学習

皆様、こんにちは。

昨日、外部でオフィスに関するレクチャーがあり受講してきました。

その中で印象的だったことをお伝えします。

テーマはワーカーの学習。人は学習において二つのレベルがあります。

一つはシングル・ループ学習

すでに備えている考え方や行動の枠組みに従って、問題解決を図る方法。

二つ目はダブル・ループ学習

既存の枠組みを捨てて、新しい考え方や枠組みを取り込む方法。

これは、1978年にクリス・アージリスとドナルド・ショーンが提唱した 概念だそうです。

組織が生き残っていくには、シングル・ループ学習だけでは難しいとのこと。

そこで競争優位を保ち続けるには外部からの新しい知識や枠組みを ダブル・ループ学習し、

それをまたシングル・ループ学習によって反復・ 強化していくことが重要だということでした。

翻って自分の学習について考えてみると、普段からシングル・ループ学習 ばかりで

ダブル・ループ学習を行っていないと感じました。

皆様は如何でしょうか?