【●オフィスづくりの豆知識●】軽量鉄骨(LGS)壁下地について

オフィスづくりの豆知識として、軽量鉄骨(LGS)壁下地についてまとめました。

LGS壁下地の特徴

L:ライト G:ゲージ S:スタッド」の略で、厚さ1.6mm~4.0mm程度の軽量形鋼となります。

LGSの形状には溝形、山形、Z形などがあり、それらを組合わせて使用します。鉄骨造や鉄筋コンクリート造などの建物で、主に壁・天井の下地材として用いられます。出来上がったLGS壁下地にプラスターボードを取付け、壁クロス張り仕上げや塗装仕上げの下地とします。

←LGS(軽量形鋼)

↑LGS壁下地

 

メリット

  • 木には反りや曲がり、湿気の変動による割れがあるが、LGSは変動が少ない安定した材料である
  • スタッドとランナーの組み合わせるシンプルなシステムで、木下地に比べ施工性が良く工事も早い
  • 木に比べ重量が軽く、搬入が容易である
  • 壁内に電気配線や設備配管を通しやすい

↑組立イメージ:LGS壁下地の名称

 

デメリット

  • 木のように薄い材料を重ねたり、部分的に削ったりがしにくいので、細かい現場調整がしにくい
  • 溶接を使う場合が多く、火の気の管理が難しい
  • 下地が正確なコンクリートとの相性は良いが、古い木造等の下地で凹凸がある場合は施工精度が下がる

↑プラスターボード張り

 

以上です。

オフィスバスターズ デザインではこれらの施工を行っております。
お気軽にお問合せください。