スタッフブログ

明日のためのオフィスのデザイン【健康経営】

こんにちは。遅ればせながら、新年あけましておめでとうございます。 1月30日のぎりぎりのあけましておめでとうございますです。 新卒のたけだです。   みなさま、「健康経営」「健康経営オフィス」という言葉はご存知でしょうか。 明日から使えるオフィスの言葉です。 健康経営とは、  「企業が従業員の健康に配慮することによって、経営面においても大きな成果が得られる」 という考えをもとに、経営側の視点から会社員の健康管理を戦略的に実践することです。 (引用元:健康経営とは – 健康経営研究会
The resource cannot be found.
  身体的にもメンタル的にも、良好な状態で仕事に取り組むために、 「体を動かす」「清潔にする」「休息気分転換をする」「コミュニケーションをとる」 「適切な食事をとる」…などなど、健康意識を高める姿勢を 企業経営側から推進していきましょうということです。   健康経営という考え方は、経済産業省からも推進されており、   「健康経営のための組織体制が構築されているか」   「健康経営の取り組みを評価し、改善に取り組んでいるか」   「法令を遵守しているか」   …などなど の観点から調査や評価も行われています。 (引用元:「健康経営銘柄」(METI/経済産業省)
「健康経営銘柄」(METI/経済産業省)
)     オフィス什器においても、座りっぱなしの作業よりも、1,2時間の間だけでも 立った姿勢で仕事をしたほうが、身体的疲労を軽減したり業務効率があがるという点から開発された 「上下昇降デスク」がオフィス業界でも浸透しつつあります。 オフィスレイアウトという点からは、 「立ち会議を行えるスペースを設ける」 「リフレッシュスペースを充実させる」 「その床を歩きたくなるようなデザインの床材を使用する」 …などなど、自然を体を動かしやすい環境を整えたり、コミュニケーションを誘発させるような 仕組みをレイアウトの中に組み込めます。

「オフィス環境の中に「健康経営」をとりこんだ 健康的かつパフォーマンス向上を望めるような新たなオフィスのレイアウト」 上の言葉にピンと来たら、ぜひオフィスデザイングループにご相談ください。   たけだでした。    
タイトルとURLをコピーしました