スタッフブログ

耐震基準とオフィス

耐震基準とは

耐震基準は、建物が地震の震動に耐え得る能力を定めるもので、関東大震災の次の年の1924年(大正13年)に、世界に先駆けて日本で施行されました。(旧耐震基準) 1981年(昭和56年)に耐震基準が大きく改正され、新耐震基準が誕生しました。新耐震基準では極めてまれに起こる大地震でも倒壊しないことが前提になりました。

旧耐震基準と新耐震基準の違い

旧耐震基準の建物は中地震に耐えるように設計されていましたが、大地震に対するチェックはなされていません(したがって、新耐震基準にあわせた耐震診断が必要となります)。 新耐震基準以降の建物は、中地震に対して損傷しないことに加えて、大地震に対して倒壊しないことや、平面と立面的にバランスよくすること等が要求されています。 この1981年の大きな改正以外にも、地震の被害状況を鑑みて個別の改正や追加が度々なされています。例えば1968年十勝沖地震の被害を踏まえ、1971年(昭和46年)鉄筋コンクリート構造建物の柱帯筋の基準が強化されました。
タイトルとURLをコピーしました