【ランキング】オフィス移転、お金がかかることランキング!!

引っ越し・移転

オフィス移転はさまざまな事に費用がかかってきます。引越代金だけでいいんじゃないの?という訳にもいきません。今回は、ざっくりオフィスに必要な費用をランキング形式でご案内します。

不動産費用
敷金がオフィスビルの場合、小規模ビルで坪数が大きくなければ3~6か月ほど、大規模ビルになると、6~12か月ほど、必要となります。他に礼金、前家賃、仲介手数料、保証委託料などが主です。
新規開設オフィスの内装費用など

内訳としては、家具・通信インフラ工事・内装工事費用の3点が主な費用となります。

・新規家具の購入費用はおおよそ平均的な商品で一人当たり10万程かかってきます。
※デスク・ワゴン・チェア 1セットとして

・電話・電気・LAN等のインフラ工事で5万〜8万程度

・内装工事費用、ここが一番かかるケースが多く、坪10万円前後、会社の顔となるエントランス、打合せなどで必要となる会議室等、必要なスペースに応じて費用は上がっていきます。お客様によっては採用面でのアピール、社員モチベーション等を意識して、非常にこだわりを持って力の入れた内装にされる会社様も非常に多く見受けられます。その為、ここの費用に関しては各々でバラつきが出てきます。

その他、会社によっては設計・デザイン等の費用が掛かるケースもあります。

現在のオフィスの原状回復費用

坪2.5万〜3万が平均的な価格となることが多いです。

大型のビルになってきますと5万〜10万円等非常に高額になるケースもあります。移転の計画が決まりましたら、出来るだけ早い段階でオーナーさん等に条件含め確認をする事をおすすめします。

引っ越し費用
こちらは大体1人あたり2〜3万円がおおよそです。エレベーターの有無、ビルの立地条件など細かな点で金額については前後しますが、そんなには大きく変わらないでしょう。
その他諸経費

お客様や取引先への移転の案内状、各官公庁への届出書の作成費、OA機器等の追加費用、システムの導入費用等

以上が主な費用におけるランキングになります。他にも細かな費用がかかるものがあったり、お客様によっては1位と2位が入れ替わるケースもございますので、一つの参考としていただけましたらと思います。