図2

オフィス家具 椅子の機能について その2

By staff, 2016年9月6日


■肘(アームレスト)

アームレストには、腕を支えることでパソコン業務などの負担を軽減できるほか、背中やお尻にかかる体重を分散させる効果があります。大きく分けると固定肘と可動肘の2種類があります。可動肘にすると、上下の調整でデスクの下に収納できるようになる利点が挙げられます。また、体格や業務内容によって異なる姿勢にあわせて調整ができますので、固定肘ではしっくりこない場合は可動肘が大変お勧めです。

 
図2

 

 

図1

 

 

 

■ランバーサポート

ランバーサポートは、肘の部分を支えるパーツです。背骨を正しい姿勢に矯正したり、それによって腰痛の軽減ができたりします。こちらもお勧めの機能ですが、その分価格も高くなります。チェアを選ぶ際は、予算や重視する機能に応じて検討することが必要です。

 

図3