図51

オフィス家具 椅子の機能について その1

By staff, 2016年8月23日


椅子の機能についての解説です。

■ロッキング機能

ロッキング機能は、寄りかかることで背もたれが倒れる機能のことです。ロッキング機能には、さまざまな調整をする機能がさらに付いています。もたれたままの角度で固定できる角度固定機能、もたれる力の強弱を調整できるロッキング強弱調節機能などがあります。
また、高機能オフィスチェアには「シンクロロッキング」という機能が付いていることがあります。これは、背を傾けたときに座も連動して動く機能のことです。そうすることによって、もたれた際の太もも部分への負担を軽減する効果があります。

 

図51

 

■ヘッドレスト

ヘッドレストは、頭と首を支えるためにあるオプションです。パソコン業務など、主に後傾姿勢をとる際に利用します。そのため、事務作業や受付業務など、前傾姿勢を多く取るという方には不要と言ってもいいかもしれません。また、ヘッドレストを付ける場合でも、固定タイプはよほどのことがない限りピッタリとフィットしないので、可動タイプがおすすめです。

図52