サービス内容

原状回復とは

オフィスを退去した後の原状回復について

原状回復とは

原状回復とは、読んで字のごとく「借りた時の原状に戻すこと」を言います。

原状に戻すことの意味

物件を契約し、入居する際には様々な工事が発生します。エントランスの造作、サインの取り付け、受付電話の設置、応接室の設置、電話回線やLANの配線、電気関係の工事、照明や天井設備の移設・増設、エアコン工事、などなど、挙げていけばキリがありません。これら入居後に行った工事などは、退去時には全て元に戻さなければなりません。造るより壊す方が工事はラクですが、原状回復は壊すだけでなく「元通りにする」という、造る要素も含まれた作業です。恐らく、一般に認識されているよりも大変な作業なのです。

原状回復には様々なパターンがあります

では、どのように戻せばいいのでしょう。入居前と全く同じ状態に戻すのは困難ですし、物理的なものには経年変化はつきものです。それらをどのレベルに戻すか、どのような内容で戻すか、は、多くの場合契約書に記載されています。その方法は多岐に渡ります。費用はほとんどの場合借主負担、とお話ししましたが、同じ費用負担での工事でも、工事業者の指定をオーナーさん側で行い、費用は借主さんが負担する(B工事)というパターンや、工事業者の指定も借主さんが行える工事(C工事)など、様々なパターンがあります。

目的 起業
エリア 東京
納入時期 3月
面積 31~50坪(~約165㎡)
利用者数 21名~30名
必要部屋数 2~3室
重視ポイント デザイン
今回ご依頼のきっかけは?
ご依頼の地域はどちらになりますか?
エリア
ご希望の納入時期は?
時期
オフィスデザインを依頼するオフィスのおおよその面積は?
オフィス面積
シミュレーションスタート
想定される最大の利用者数は何人ですか?
利用者数
必要部屋数は?
もっとも重視するポイント

次が最後の質問です
お客様の情報をお伝えください
会社名
ご担当者名
メールアドレス
電話番号
戻る
TEL:0120-055-554 お気軽にお問い合わせください。